撮影スタジオ

プロに依頼するお宮参りの写真【思い出や記念として一生残せる】

我が子の成長を祝う行事

女の子

10月や11月に実施される七五三では、子どもが晴れ着を着て神社に行ってお参りします。また、晴れ姿を写真館で撮影することも可能です。そこにレンタル着物があるので、プロの着付け師やヘアメイクしてくれる美容師さんに手伝ってもらい、写真が撮れます。

詳細へ

一番輝いている時の記念に

女性

成人式は人生で一番輝いている時です。その瞬間をぜひ写真に残しましょう。成人式当日はバタバタしてゆっくり写真を撮る時間がとりづらいですが、前撮りならポーズやロケーションにもこだわる事ができます。前撮りをご家族への時間として使うのもおすすめです。

詳細へ

時期と利用内容がポイント

女性と赤ん坊

笑顔が増える頃がおススメ

一般的にお宮参りとは 男の子は生後31日、女の子は33日に行うとなっていますが、最近では暑い時期や寒い時期を避けたり、お母さんや赤ちゃんの体調を見て設定するなど柔軟にとらえられる事が多くなってきたようです。関東の方では100日までに行けばよいといった風習もあります。遠方から祖父母を呼んで神社へのお宮参りや写真撮影なども一緒にしようとすると、一日の行事が盛りだくさんで、なかなか日程調整は難しいのが現実です。特に日程にこだわりが無いのであれば、少し日が経った2〜3か月くらいがおすすめです。新生児から少し成長した赤ちゃんは、人の顔を認識して微笑む回数が増えてくる頃ですので、写真撮影の時にとってもかわいい顔で映ってくれるのではないでしょうか。

フォトスタジオの活用術

お宮参りでは、赤ちゃんは産着を羽織りますが、男性はスーツ、女性は着物やワンピースなどの正装で行う事が多いです。赤ちゃんの初めての写真撮影として、お宮参りの日に参加者全員で写真撮影を行う方も多いようです。最近では出産した産院からフォトスタジオの招待券をお土産でもらったりしますので、活用するとお得に撮影することができます。また、スタジオでは、一緒に撮影してほしい物を持ち込むことができるところもあります。衣装のレンタルは無料のところが多いですが、産着を持ち込む場合は、一緒についている帽子(フード)、よだれ掛け、扇子、お守り袋も忘れずに持っていきましょう。命名書を持ち込むのも良いですが、無い場合はスタジオの方でアルファベットのオブジェで名前を作ってくれたりもしますよ。

事前調査と事前予約が大事

ファミリー

お宮参りの日程が決まったら、お参りする神社と写真撮影するフォトスタジオの事前調査を念入りに行い、事前予約しておきましょう。余裕を持ったスケジュールを立てて、赤ちゃんの体調と機嫌を見ながら進めましょう。

詳細へ